3年ぶりの日本からのたより④    温泉津からこんにちは!


こんにちは。
あたらしい月、いかがお過ごしでしょうか?

わたしは先週末、2週間滞在した加賀を離れ日本海沿いをローカル線を乗り継ぎながら降ってきました。
途中、天橋立(京都)や岩美町(鳥取)に立ち寄り、昨日から島根県の温泉津というところに滞在しています。

温泉津と書いて「ゆのつ」と読むこの町の温泉の一つ、薬師湯(やくしゆ)は源泉から数メートルのところに湯船があり、お湯の温度は45度!(もう一つの温泉、元湯はなんと1300年の歴史があり、湯船のお湯は50度近いそうです!)

1分ほどお湯に入っては出てからだを冷まし、またお湯に入っては出てを3回ほど繰り返したところ、4時間以上が経った今でもまだからだがポカポカしています。

外側からあたたまるだけでなく、血行が良くなりからだの内側が変化したからこそこんなにあたたかさが続くのだろうなあと、そんなことを考えています。

IMG_0073.JPG 1.89 MB

先日滞在した鳥取県岩美町の海辺の眺め。
夕日が海に沈むのを見られるのは日本海側ならではですね!


世界遺産にも登録されている石見銀山にもほど近い温泉津は、銀を運んだ港の守り神を祀った龍御前(たつのごぜん)神社があり、昨晩はちょうどそこで夜神楽が催されていました。

昨晩は二演目が披露されましたが、特に二つ目のヤマタノオロチとスサノオノミコトが戦う大蛇(おろち)という演目は舞台全体をヤマタノオロチが覆い尽くす、圧巻のステージ。

神社の中の、そう大きくない舞台をところ狭しと動き回るオロチたちのからだや尻尾は、時に舞台からはみ出し観客たちにぶつかりそうになるくらい。

小さな子どもは大人の後ろに隠れ、大人も思わずのけぞりながら一心に舞台を見つめます。

神楽は本来神様に奉納されるものですが、この地域では観光客向けに毎週土曜日の夜に神社で神楽を観られるようにしているとのこと。

そこにあるのは「来た人に楽しんでほしい」という想い。

だからこそ、舞い方もはやし方も、汗びっしょりになるほど全力で舞踊り、演奏をします。

本気だからこそ、舞台からはみ出ることもある。
本気だからこそ、それに心動かされる人がいる。


わたしたちの仕事や日々の行いも、きっとそんなところがあるのではないでしょうか。

はじめは決まった枠の中でやってみてもいい。
だけれども、本気で誰かの心を動かそうと思ったら、本気で誰かの後押しをしようと思ったら、きっと枠には収まらない。

わたしたちのいのちが生き生きと輝いたとき、時間をともにする誰かのいのちも生き生きと輝き出すのではと、昨晩の夢のような時間を思い出しながら考えています。

IMG_0147.jpg 2.51 MB

写真には収まりきらない迫力!ぜひ生でご覧になってください!


夜神楽のスケジュールや予約はこちら▼



お知らせ

●「ICFの基準を題材に自分らしいコーチングを深める会」今週はコンピテンシー6について深めます!


コーチとしてさらなる力の発揮や自分らしさの発揮を目指す方にご活用いただける探究会、第5回目はコア・コンピテンシー6に関連した箇所を深めます。

コア・コンピテンシー6のテーマは「積極的傾聴」。
積極的傾聴とは、静かに耳を傾けるだけではありません。言葉以外のものを受け取ろうとすることだけではありません。積極的傾聴はクライアントがコーチングを通じて手にするものを決める肝と言っても過言ではありませんが、では、「傾聴」と「積極的傾聴」の違いはどこにあるのでしょうか?

あなたの中に「積極的傾聴」を阻むものがあるとすると、それはどんなことでしょうか?

探究会ではICFのPCCマーカーおよびACC/PCCに必要とされるミニマムスキルを基に、自分らしいく、かつクライアントの後押しとなるコーチングについて深めていきます。

■日程
⑤9月8日(木)コンピテンシー6
⑥9月22日(木)コンピテンシー7
⑦9月28日(水)ラップアップ(統合)

*全て8:00-8:50
*ご都合が良い回やご関心が高い回のみご参加いただくことができます。
*資料を読み込む時間を取るため、事前準備やこれまでの会への出欠を問わずご参加いただけます。

■参加費
・ゲスト参加(1回のみ):1,000円
・2回目以降はawai Lagunaへのご参加(月会費3,300円)が必要となります。

■キックオフの内容
こちらからガイダンスの録画をご覧いただけます▼


■詳細・お申込み

⑤9月8日(木)コンピテンシー6
こちらからお申し込みいただけます▼

IMG_0008.JPG 3.5 MB

こちらは福井県の白浜海水浴場。日本にもこんなにキレイな海があるんだと感動しました!



日本海側を移動中に訪れたすてきな場所はまたご紹介しますね!
明日は尾道まで、そして明後日はいよいよ小豆島まで移動します!